BLOG

リニューアル時の301リダイレクト

ホームページをリニューアルした際に、古いページを削除したり、ディレクトリ・ファイル名などを変更してしまうと、検索エンジンで古いページがヒットしてしまた場合にエラーになってしまいます。
しかし、古いページを永久的にサイト上に残しておくわけにも行きません。
そこで、301リダイレクトを使用して、古いURLにアクセスがあった場合には新しいサイトに転送したり、リニューアル時にディレクトリ名やファイル名を変更したページを新しいページに転送します。
301リダイレクトは、ページランクや検索結果に影響するデータを引き継いでくれるようです。
Google・Yahooも推奨しているので、スパム行為にはならないでしょう。
【301リダイレクトの設定方法】
<STEP1>
テキストエディタやメモ帳等に下記の内容を記述します。
記述が終ったら「.htaccess」 という名前でファイルを保存します。
※ファイル名は.htaccess(拡張子)のみでファイル名はありません。
※既にサーバー上に.htaccessファイルがある場合は、そのファイルに追加で記述します。
●サイト全体を他のURLにリダイレクトする場合
下記の内容を.htaccessファイルに記述し、旧URL(転送元)にアップロードします。
redirect 301 / http://www.yyyy.com/
旧URL:http://www.xxxx.com/
新URL:http://www.yyyy.com/
旧URL「http://www.xxxx.com/」にアクセスがあった場合、新URL「http://www.yyyy.com」に転送されます。
●ディレクトリ名を変更した場合
下記の内容を.htaccessファイルに記述し、ルートディレクトリ(トップページと同じ階層)にアップロードします。
redirect 301 /test/ http://www.xxxx.com/new/
「http://www.xxxx.com/test/」にアクセスがあった場合に、「 http://www.xxxx.com/new/」 に転送されます。
●ファイル名を変更した場合(個別ページのリダイレクト)
下記の内容を.htaccessファイルに記述し、ルートディレクトリ(トップページと同じ階層)にアップロードします。
redirect 301 /index.html http://www.xxxx.com/index.php
「http://www.xxxx.com/index.html」にアクセスがあった場合に、「 http://www.xxxx.com/index.php」 に転送されます。
      ↓
<STEP2>
.htaccessファイルに記述した内容が正常に動作しているかを確認します。
検索エンジンで実際に削除したページのURLを打ち込んで確認しても良いですし、View HTTP Request and Response Header(http://web-sniffer.net/)で確認も出来ます。

関連記事一覧

PAGE TOP